平成29年度の特定健診がスタートしました

特定健康調査(特定健診)とは、メタボリックシンドロームなどで生活習慣病に進む危険性の高い方を早期に発見する為に平成20年4月から始まった健診制度で、腹囲の測定や血液検査、問診などを行います。そして該当者には病気になる前に予防の段階で、特定保健指導を受けていただき、生活習慣を改善させていく様にするというプログラムになっています。
「早期発見」「早期治療」のための健康診断・健康指導
「生活習慣病予防」のための特定健診・特定保健指導
日本人の死因の3割を占める心疾患と脳血管障害。ここ最近になって、内臓脂肪を減らすことでこれらの病気の発症を抑えられることが明らかになってきました。特定健診ではこの点に着目し、内臓脂肪が原因になって起こるメタボリックシンドロームを見つけ出す検診に変わりました。これまでの「病気を早期発見する検診」から、いわば「生活習慣病予防のための検診」に生まれ変わりました。健診後にはメタボリックの対象者には保健指導をおこない受診者方々が生活習慣の問題点を見つけ、自らその習慣を改善して生活習慣病を防げるようなサポートもはじまりまいた。
当院では6月1日より、平成29年度の改善の方針を打ち出し特定健診内容の充実を図ってまいります。

あゆみクリニックのオプション検査

肺年齢検査 (喫煙歴のある方にお勧めです)
慢性の咳やたんでお悩みの方は、慢性(閉塞性)肺疾患の可能性を調べるため「肺年齢」を測定してみましょう。息を吸ったり吐いたりの簡単な検査で、5分程度で終了します。(詳しい内容はPDFファイルでご覧下さい
検査費用は通常3,500円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,500円です。

モストグラフ検査(アレルギーや喫煙歴のある方にお勧めです)
慢性の咳でお悩みの方は、喘息やCOPD等の肺疾患の可能性を調べるためモストグラフ検査が有用です。息を吐く簡単な検査で、5分程度で終了します。費用は(詳しい内容はここをクリック
検査費用は通常3,500円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,500円です。

骨年齢検査 (女性の方にお勧めです)
カルシウム不足で骨がスカスカになった状態が骨粗しょう症です。骨密度測定装置にて「骨年齢」を測定することができます。特に高齢女性の方は自分の骨年齢を知って骨折の予防に努めましょう。(詳しい内容はPDFファイルでご覧下さい
検査費用は通常2,000円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,500円です。

血管年齢検査(高血圧やメタボリックシンドロームの方にお勧めです)
硬い血管ほど脈が早く伝わることを利用して血管の硬さを数値で表します。数値が大きい程、血管が硬いことを示します。各年齢の平均値と比べて血管年齢として利用されています。血圧の高めの方にお勧めです。(詳しい内容はPDFファイルでご覧下さい
検査費用は通常35,00円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,500円です。

眼底カメラ検査(メタボリックシンドロームのある方にお勧めです)
今までに血圧が高いと言われたことがある方、血液検査でコレステロールや中性脂肪の値が高いと言われた方、糖尿病ではないかと思われている方?そんな方に眼底検査をお勧めします。眼底は、体の中で唯一外から血管の見える部分です。その眼底を専用のカメラ撮影することで、動脈硬化の進行度や糖尿病や高血圧症の合併症の状況などを知ることもできます。(詳しい内容はPDFファイルでご覧下さい
検査費用は通常2,160円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

腫瘍マーカー検査
ガンになると健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、その腫瘍により大量につくられ、血液中に出現してきます。この物質を「腫瘍マーカー」といいます。腫瘍マーカーは、がんの発生臓器と強い関連性を持つ特徴があるため、血液中にこの物質が基準以上に出たときは、がんがあることが推測されます。この特徴を利用し血液検査によりガンの存在の有無を推定する検査ががん腫瘍マーカーです。検査は、特定健診時の採血と同時に行いますので受診される方の負担度はほとんど変わりません。(詳しい内容はPDFファイルでご覧下さい
検査費用は通常15,120円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合12,960円です。
早得制度ご利用でCEAまたは、CA19-9を選んだ場合さらに11,880円です。

肺がん腫瘍マーカーセット(喫煙者または喫煙者と同居の方にお勧めです。)
多数の腫瘍マーカーの中で、肺がんに反応する腫瘍マーカー、NSE:小細胞肺がんの診断で用いられるマーカー、CYFRA:扁平上皮がんで高値を示すマーカー、ProGRP:小細胞肺がんのマーカーを3種類セットにしました。喫煙歴の長い方で50歳以上の方に強くお勧め致します。
検査費用は通常5,420円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合3,240円です。

PSA検査 (前立腺癌や前立腺肥大症のマーカーで50歳以上の男性にお勧め)
PSAは前立腺に特異的にみられる腫瘍マーカーで、前立腺がんが疑われるとき、まず行われるスクリーニング(ふるいわけ)検査として位置づけられています。また、がんの進み具合を鋭敏に反映するため、前立腺がんの早期発見とともに病気の推定、治療効果判定や予後予測にも用いられています。
検査費用は通常2,160円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

ピロリ菌検査(胃炎・胃潰瘍・胃癌が心配な方にお勧めです)
ピロリ菌は胃に感染し、胃がん・胃・十二指腸潰瘍の原因となる細菌です。また、全ての胃癌の原因はピロリ菌であると最近の研究結果で報告されています。検査方法は血液中のピロリ菌抗体を測定し、感染の有無を調べます。一度は行っておく事をお勧めいたします。
ピロリ菌を除菌すれば、胃潰瘍を防ぐことが出来ると言われています。
検査費用は通常1,500円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

NT-proBNP検査 (糖尿病の方や心臓に異常を感じる方にお勧めです)
心不全診療においては早期発見、早期治療がとても大切です。NT-proBNPおよびBNP の測定値は患者さんが自覚症状を認めない心不全(隠れ心筋梗塞)の早期から病態を鋭敏に反映するため、心 不全診療の有用なツールと考えられています。
検査費用は通常3,240円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

FT3甲状腺ホルモン検査
甲状腺ホルモンFT3の検査をすることで甲状腺に異常が無いかを調べます。甲状腺に異常が生じると、全身倦怠感やうつ症状などの精神症状が現れてきます。とくに、甲状腺機能の異常は女性に現れやすく甲状腺機能検査は、一般的な健診には含まれないため、その異常が(甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症)発覚するのも遅れる傾向がありますので、この機会に検査を受けることをお勧めします。
検査費用は通常2160円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

エラスターゼ1検査
エラスターゼは、膵臓、白血球、血小板、大動脈などに存在しています。エラスターゼには1と2がありますが、血中にはエラスターゼ1が圧倒的に多く、早期の膵臓がんに反応して数値が上昇するため、膵臓がんのスクリーニングに有用です。CA19-9の血液検査と併用をお勧めします。
検査費用は通常2,160円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,080円です。

TRACP(骨マーカー)検査
骨吸収マーカーであるTRACPは、破骨細胞から分泌される酵素で、その血中濃度は破骨細胞数や活性を反映し、骨の質を評価することができ、将来の骨折リスクの評価に役立ちます。
超音波検査やX線検査より簡便で骨粗鬆症の診断に有用な検査です。閉経後の女性におすすめの検査です。
検査費用は通常2,160円が特定健診または春日部市がん検診受診と同時検査の場合1,500円です。

※オプション検査は、当院で特定健診及び春日部市がん検診を受診して頂いた方に限ります。オプション検査だけの検査はオプション価格ではなく通常の院内価格(自費か価格+自費費診療)となり、検査のみお受けできませんのでご了承ください。