埼玉県春日部市|越谷市|内科|小児科|糖尿病・生活習慣病・アレルギー治療

小標準大
糖尿病治外来について

当院での糖尿病の治療の方針

糖尿病の治療は、血糖を下げ、血管合併症の発症・進展を防止し、合併症である心筋梗塞、脳梗塞や腎不全(血液透析)などにならないようにすることが目的です。糖尿病でなくても心筋梗塞、脳梗塞を起こします。しかし、糖尿病があると若い時から血管が老化して、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。当院では、血糖、ヘモグロビンA1c、尿検査、コレストロール生化学検査など糖尿病診断に必須の検査結果を、診療時間中に迅速にお伝えすることができ、外来迅速検体検査に対応しているため、検査結果がその日のうちにわかります。そのため「検査結果を聞くために、来週もう一度くる」ということはありません。 また、患者さんにわかりやすく説明させていただきながら糖尿病や合併症予防のための管理・治療、また発症予防のための相談・指導など、お一人おひとりの心と体や環境の状況を考慮し、最適な糖尿病治療プログラムをご提案いたしますので、「患者さんは太りすぎだから、・・kgまでやせなさい。」「患者さんの血糖は360だから、すぐに120まで下げなさい。」「たばこは健康に悪いから明日からやめなさい。」このように、一方的に押し付けるような治療の押し付けは、私はいたしません。糖尿病治療の中心はあくまで患者さんであり、患者さんの人生観、ライフスタイルを十分に考慮したうえでよくご相談し、その状況や病状を考慮した提案をおこない患者さんと納得いくまで相談した上で治療方針を決定していきます。それに加え、最近はセルフコントロールするには、病気の原因や病態などを知らなければ、自分を律する理由や力が湧いてきませんので、約20分くらいのDVDを待ち時間に見ていただいて、簡単なテストで確認を行うという取組をしています。
これは希望しない方に無理強いはしませんが、勉強する気持ちは1人1人個人差は大きいですので、それにあった栄養指導を行っております。

当院での糖尿病の治療の特徴

1.ヘモグロビンA1cの迅速な測定
血糖コントロールの良し悪しを判断する指標として、最も注目される検査です。HbA1cはグリコヘモグロビンあるいは糖化ヘモグロビンとも呼ばれます。赤血球のヘモグロビンにブドウ糖が結合したものがHbA1cで、これが全体のヘモグロビンの何%あるかを測定します。血糖値の高さに比例してヘモグロビンに結合するブドウ糖の割合がふえます。過去1〜2か月間の血糖のコントロール状態を知る指標になります。健康人ではHbA1cは3.8〜5.2%程度です。当院では院内での迅速な検査で結果がでるため、当日に検査結果を説明し、最新のデーターで処方を弾力的に行います。
2.管理栄養士による栄養指導
当院には管理栄養士の資格を持つスタッフが3名在籍し、栄養指導を常時行っています。予約が不要で所要時間は20〜30分です(要診察)。患者さんの一人ひとりの状況に合わせた栄養指導を行っています。食事療法はとても大切であり、ぜひ、御利用ください。
3.患者会の参加
患者さんと、医師・看護師・栄養士のスタッフのみんなが糖尿病を初めとして生活習慣病という病気と上手に付き合っていくための患者会「あゆみクラブ」です。「あゆみクラブ」では、バス旅行、食事会、歩く会などの行事に参加してもらい、糖尿病療養を正しい知識のもとに、楽しいものにしようと活動しています。

当院の糖尿病外来の流れ

初めて受診される方の場合
問診
今までの病歴と飲んでいるお薬を聞き取りします。
※ お薬やインシュリン製剤をお持ちしていただければ幸いです。
診察
診察をして何の検査をするか決定します。
検査
X線、心電図、動脈硬化、眼底、骨密度、血液 etc.
血管の状態、合併症の程度をきちんと把握しておきます。
診察
患者様全員に当院オリジナルファイルをお渡して説明します(コントロールの目安、合併症について、あゆみクラブや栄養指導の利用の仕方)。
栄養指導
診察の度に毎回あるいは最低でも4回は受けていただきます。
初回はその方に必要な病態についての説明などしながら、詳しい生活の聞き取りを行います。
あゆみクラブ及び行事の説明
できれば、個人の生活スタイルに合わせて無理のない範囲で、様々の角度からかかわりを持つ事をお勧めしています。
次回の予約
初回は2週間後の診察のこともありますが、以後はコントロールが安定するまで月1回の診察が原則です。
定期的に再診を受ける方の場合
問診
前回受付から本日まで特別な変化がなかったかをあらかじめお聞きします。(低血糖、風邪などのアクシデント、飲酒や生活の乱れなど)必要なお薬のチェックもします。
検査
HbA1c、尿、血糖:月1回
肝機能、脂質:3か月に1回(安定後の場合)
血液全般:、動脈硬化:6か月に1回
心電図、X線、眼底、骨密度:1年間に1回
診察
コントロールが良好に安定した後は、それを長く維持する事、生活習慣を持続させることが大切になります。必要に応じて禁煙外来、料理教室、歩く会などをお勧めしています。
栄養指導(必要のある方のみ)
食生活を見直す事は大切です。コントロールの乱れの原因の6割は食生活の乱れ、4割は運動不足ですので運動と食事を合わせた生活のチェックと指導をおこないます。
あゆみクラブ及び行事の説明
できれば、個人の生活スタイルに合わせて無理のない範囲で、様々の角度からかかわりを持つ事をお勧めしています。
次回の予約
原則的に月1回の診療ですが安定した人は6週から8週に1回の診察でもかまいません。コントロールが 安定しない人はきちんと月1回定期的に診療を受ける事を強くお勧めします。
当院に入ってから診察を待って帰るまで、待ち時間を効率よく使いながらコントロールを改善させる為の工夫をしておりますので、当院外来の糖尿病の患者様達のコントロールは80%以上が良好(HbA1c6.7%以下)なコントロールをされております。そして、合併症の発症や進行を防ぐ為のアドバイスをしております。食事療法を受けるだけで、10〜20Kgやせる方が多いのは、いかに不健康な生活習慣が糖尿病を招いてしまったかを物語っている様です。
最近、糖尿病の治療薬が次々と発売し、治療方法が多様化されてきました。内服薬も2009年秋よりGLP-I 関連のお薬も登場しましたので、どのような薬を組み合わせていくかが、とても大切です。
注射を打ってコントロールする事に対して抵抗の強い方には内服薬と1日1回の注射を組み合わせたBOTという方法が最近導入し易い方法としてよく利用されます。BOTでコントロールが難しい方はそこから食直前のインシュリンを追加導入していく事もあります。
さらに、2010年よりGLP-1の注射製剤も使用されており、最近ではではBOT導入よりも。食後血糖を抑えて、HbA1cをコントロールできるインクレチン注射薬の方が多く使われている現状があります。
日本人の国民病、メタボリック症候群の増加と共に糖尿病の治療も日進月歩ですが基本はあくまで予防及び食事と運動によるコントロールです。
予防接種
特定健診・特定保健指導
あゆみクリニック通信
医療安全への試み
社会貢献活動
求人情報
地図を印刷する