埼玉県春日部市|越谷市|内科|小児科|糖尿病・生活習慣病・アレルギー治療

小標準大

慢性副鼻腔炎・副鼻腔気管支症

副鼻腔炎は俗に「蓄膿症」といわれる病気で正式には「副鼻腔炎」といい、急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎に大別されます。慢性副鼻腔炎の多くは、急性副鼻腔(鼻かぜと呼ばれるもの)が長引いたことで起こります。副鼻腔の炎症により、黄色から緑色の粘り気のある鼻汁、鼻づまり、頭重感、後鼻漏(鼻汁が鼻の奥からのどに落ち込む)、のどの違和感(咳払い)、嗅覚障害といった副鼻腔炎の症状に、咳、痰、微熱などの呼吸器症状がでます。鼻腔から咽に膿が流れて行くと、痰が絡んだ咳を伴う気管支炎(副鼻腔気管支症候群)となります。痰の性状から気管支炎が疑われた場合、抗生物質を服用する事になります。一度、良くなっても、副鼻腔からまた膿が流れて行くと気管支炎を再発する事になります。繰り返しているのは気管支炎なのですが、病気の原因は副鼻腔にあります。花粉症の人で花粉の時期が終わってから痰がからむ気管支炎を繰り返すときは、慢性副鼻腔炎も考えます。また、最近は急性副鼻腔炎にアレルギー性鼻炎を合併するケースが増えています。
理由として、ほこり、ダニ、といったアレルギーの患者さんが増加したこと。また、現在の抗生物質は非常に優れており、鼻風邪をひいても副鼻腔炎になるまで病状が悪化しにくいのですが、アレルギーの患者さんはすでに鼻や副鼻腔の粘膜が腫れており、自然孔が閉塞しやすく、悪化してしまためです。そのため、当院では細菌感染とアレルギー、原則として症状の強い方を重点的に治療していきます。普通はアレルギー性鼻炎の症状が強いことが多く、抗ヒスタミン薬の内服やステロイド点鼻薬などの薬物療法を中心にマクライド系抗生物質を併用していきます。一般的な慢性副鼻腔炎とは別に、気管支喘息を伴う慢性副鼻腔炎があります。上記のような慢性副鼻腔炎と比べ、鼻茸が多発性に発生し、鼻汁(びじゅう)は非常に粘りがあり、難治性です。アレルギーと細菌感染が同時に起こることが病態に深く関係していると考えられます。
治療法としては、気管支喘息を伴った慢性副鼻腔炎は一般に難治性のため、まず気管支喘息の治療を行います。(喘息のページを参考)そのうえで慢性副鼻腔炎に対して、抗ロイコトリエン薬を中心とした抗アレルギー薬を使用します。副腎皮質ステロイド薬の点鼻薬も頻繁に使用しています。
予防接種
特定健診・特定保健指導
あゆみクリニック通信
医療安全への試み
社会貢献活動
求人情報
地図を印刷する